統失でもできるかな?

統合失調症とつきあいながらゆるりと暮らす日常日記。

「映画」パシフィック・リム アップライジング観て来ました〜

f:id:dassankun0208:20180416201903j:plain

 

こんにちは、だっさんです。

 

映画「パシフィック・リム アップライジング」見てきました。

 

ハッキリ言って、良くも悪くもハリウッド映画でした。

 

[解説]

人が乗り込み操縦する巨大ロボットのイェーガーと「KAIJU」と呼ばれる巨大モンスターの戦いを描いて話題となったSFアクション大作「パシフィック・リム」の続編。前作から10年後、平穏を取り戻しはずの地球に進化を遂げたKAIJUが現れたことをきっかけに、新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロットたちの戦いを描く。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」で一躍世界的に知られる存在となったジョン・ボイエガが主演を務め、スコット・イーストウッド新田真剣佑が新たに参加。前作からはチャーリー・デイ菊地凛子らが続投している。前作を手がけたギレルモ・デル・トロは製作にまわり、テレビシリーズ「デアデビル」などで知られるスティーブン・S・デナイトが監督を務めた。(映画.comより)

 

 

 ハリウッドの御都合主義が全般に出てしまった

もうキャラクターの設定とか話しの展開の仕方が、雑過ぎてご都合主義なのですよね。

 

まあ、無人イェーガーが暴走するくだりとかカイジュウに襲われた東京の市民がシェルターに逃げるところなんかは、エヴァンゲリオンの影響受けてるなーと、監督の趣味が見えてそこは面白かった。

 

 

それにしても話の展開が大雑把で、おいおいそんなに都合よく行くかよ?とストーリーに乗り切れなかったのは否めない。

 

まあ、ハリウッドのロボット物は大概大味なのだが、前作がダークな雰囲気で重厚感のある作品だったから今回も期待していたのですが、監督が変わっちゃったから仕方ないかも。

しかもこの作品が初の長編映画監督作品だったらしいので、それなら納得です。

 

この作品の監督はテンポ良く話しを作ることを何か勘違いしてストーリーを組み立てている感じがしてイマイチ乗り切れなかった。

 

日本のポップカルチャーの影響はかなり感じ取れた 

パンフレットによれば、この監督さんは日本の特撮ものやアニメにかなり影響を受けている事を公言しているようで、「ゴジラ」とか「機動戦士ガンダム」が特にお気に入りらしいです。

 

ガンダム好きが高じて、東京のシーンにガンダムの立像を登場させるほどで、版権元のサンライズに承諾をちゃんと取って出したそう。

 

 ハリウッドから見れば東京はあんな感じに見えるのか

最終決戦の地を、日本の東京に選んだところは、日本の特撮&アニメカルチャーに影響を受けたのなら当然の答えなのだろうが、あの間違い漢字のネオンサインがひしめく街の風景は、どうもこそばゆくなっていただけない。

 

そこまで神経質にならなくても、とお思いだろうけれども、意外と気になってしまうというか、目が勝手に間違い探しをしてしまうものなのですよ。

 

色々と文句を言ってしまいましたが、期待していただけに、がっかり感が大きかったから故のつぶやきでした。

 

3作目はあるのかな??

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村