統失でもできるかな?

統合失調症とつきあいながらゆるりと暮らす日常日記。

足し算食べ&後食べでゆるいダイエットを。【Book】「ズルイ食べ方」を読んでやってみた。

f:id:dassankun0208:20171103082227p:plain

 

こんにちは、だっさんです。
 
ちまたには、ありとあらゆるダイエット方法が紹介されていて、いったいどれがいいのか迷ってしまいますよね。
 
そんな中、また新しい方法が出てきました。
 
それが、「足し算食べ&後食べ」という方法です。今日はそのことについて。
 

糖質を味方にするという発想

長年病院の管理栄養士を務めてきた足立香代子さんの著書、「糖質を味方にするズルイ食べ方」に書かれているのが、「足し算食べ&後食べ」というダイエット方法です。
 
食べたものは同じでも、どう吸収されるかを念頭に置いて、食材を組み合わせる。
それだけで、血糖値の上がり方には大きな違いがある。
吸収のされ方に着眼した食べ方、それが足し算食べ&後食べという方法です。
 
血糖値の急上昇・急降下を押さえることが重要で、糖質そのものよりも、食べた後の血糖値が肥満や健康をおびやかす敵だったと。
 
バランスの良い食事を続けていくには、炭水化物をカットせずに、食後の血糖値の上昇をコントロールすれば良い。
糖質をすべてカットしなくても、食後の血糖値の上昇を抑えられるのが、足し算食べ。
 
あれはダメ、これはダメと引き算するのではなく、「それを食べるなら、これを足してみたら?」という食事にプラスをする方法です。
 
そばやおにぎりなどの糖質だけを摂取するよりも、タンパク質や油、緑黄色野菜を一緒に摂取するほうが食後の血糖値の上昇が緩やかになるのです。
 

「炭水化物の後食べ」がカギを握る

この本の中で繰り返し言われているのが、「炭水化物の後食べ」です。
 
ご飯はオカズ3分の2を食べてから解禁するのが肝です。
 
またおかずとご飯が同時に食べられてしまう、どんぶり物などのオールインワン食は極力避けましょう。
 
例えば、牛丼ならば牛皿定食にするとか。海鮮丼なら刺身定食に。こうすればおかずが先に食べられますよね。
 
カレーやパスタならサラダを付けてそれを先に食べる。お蕎麦なら天ぷらそばにして天ぷらを食べるなどの工夫を。
 

外食で気をつける食べ方などの知識がたくさん

コンビニ弁当には、キウイを足す。ラーメンにはコーン以外のトッピングを全部乗せする。とんかつ屋ではご飯は後食べでおかずを先に、キャベツをおかわりする、などいろいろな食べ方の知識が掲載されています。

 

で、実際自分も幾つか実践してみました。

家で食べるときも外食のときも、足し算食べと後食べを意識してみました。

 

まだ、この本を知った10月第2週頃からの2週間ほどのデータでしかありませんが、緩やかに体重が減少してきてます。

f:id:dassankun0208:20171103090019j:plain

ピーク時で68.5kgあった体重が今は67.3kgまで落ちています。

体脂肪率は23.4%あったのが今は22.3%まできています。

 

特に何かを減らしたとか、運動を頑張ったとかはありません。

緩やかですが効果はあると言えるでしょう。

 

最後に

今までの「糖質制限ダイエット」などとは違い、何かを減らすとか我慢するとかではないので、ストレスになることはほぼありません。

 

要するに、体に吸収される糖分を緩やかにさせることで、過剰な血糖値の上昇を抑えて、満腹感も満たされる、理想的な方法論でしょう。

 

いろいろなダイエット方法はありますが、今まで自分がやってきた中では一番負荷のかからないものだと言えます。

 

気になった方は是非お読みになってはいかがでしょうか。

 

今日はこの辺で。

 

ではまたお目にかかりましょう!

 

医師が信頼を寄せる栄養士の糖質を味方にするズルイ食べ方 - 人生を守る「足し算食べ」BEST100 -
 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村