統失でもできるかな?

統合失調症とつきあいながらゆるりと暮らす日常日記。

大雪に見舞われた雪に弱い関東地方・・・

f:id:dassankun0208:20180123061140p:plain

 

こんにちは、だっさんです。

 

昨日は、4年ぶりだという、関東地方を襲った大雪で大騒ぎでした。

 

朝から母親を病院へ連れて行かなくてはいけなかったのですが、ラッキーなことに、会社を休んでいた兄に車で送ってもらえることになり、タクシーを呼ぶ必要がなくなりました。

 

 

1年ほど前に、母親が部屋で転倒して頭を打ってしまったのですが、脳外科に見せたところ、血と水が溜まっている状態で、手術するほどではないが投薬で対処していました。

 

そして、今日のCTでももう異常は見受けられないとのことで、晴れて通院終了の太鼓判を押してもらうことができました。

 

この担当の先生はとても物腰が柔らかい方で、母はこの先生に会うのがとても楽しみにしていたようで、もう通院しなくてもいいと聞いたら、とても寂しがっていました。

 

まあ、この手の病院に頻繁にお世話になるのは、あまり感心すべきことではないのですがね。

 

 

 

会計が終わり外を見ると、もう既に雪はボタ雪に変わり地面も積もり始めてきたので、また兄を呼んで迎えに来てもらいました。とてもタクシーなど捕まる様子ではなかったものですから。

 

 

家に帰って昼飯を食べて少し横になってから、今度は銀行へ出かけました。

この前の父の葬儀の費用を入金するためです。

 

祭壇を生花で飾るようにしたので、花代がとてもかさんだので結果トータルで100万越えしてしまいました。

 

まあ、父のお金は今までグループホームや入院していた病院代に当てていたので、その延長で葬儀やその他法要にかかる費用をここから捻出していくことにしました。

 

下手に遺族にお金を残しても相続で煩わしいので、兄弟で相談して、それに使うことに決めたのです。父が稼いだお金なのだから、父のことに全て使おうと。

 

 

銀行を出るともう駅前は交通マヒする寸前でした。

 

 

バス停にバスが止まっていたので、乗り込もうとしたのですが、既に満員でステップまで人が立っている状況でしたので、諦めで次のに乗ることにしました。

 

 

タクシーなど捕まる様子ではなかったので、バス停にじっと待っていましたが、思っていたよりも早く次のバスが来てくれて、ちゃっかり座ることもでき、殊の外スムーズに移動することができたのが嬉しかったです。

 

 

 

なんか考えてみると、父が他界してからというもの、ピンチになりそうな時があってもすんなりとことが解決して、これもまだこの世をさまよっている父が手を差し伸べてくれているような気がしてなりません。

 

そんな父親の加護を受けながら、四十九日法要に向けて、着々と事が進んでいければいいなと思います。

 

自分はまだメンタルバランスを崩しやすいので、そこは気をつけながら、兄弟のサポートを受けつつ、こなしていきたいです。

 

 

今日のつぶやきはここまで。

 

最後までお読みいただきましてどうもありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村