統失でもできるかな?

統合失調症とつきあいながらゆるりと暮らす日常日記。

遺族年金の手続きが終わったよ〜(ほっ)

f:id:dassankun0208:20180205220017p:plain

 

こんにちは、だっさんです。

 

今日は、年金相談所へ母親の遺族年金の手続きに行ってきました。

 

先月、同じ相談所で申請用紙と、必要な書類についての説明を受けていたのですが、書類がひととおりそろったので、意を決して行くことにしました。

 

と言うのも、区役所でもらえる戸籍謄本などの書類は揃ったのですが、肝心の母親の年金手帳が、家のどこを探しても見つからず、もう伸ばし伸ばしにしても仕方ないので、ダメもとで行くことにしたのです。

 

 

受付の人に、

「あの〜遺族年金の申請に来たのですが、年金手帳が見つからなくて・・・」

と、恐る恐る聞いてみたのですが、

意外にも、

「そうですか。年金基礎番号さえわかれば大丈夫ですよ!」

と、あっさり言われたのです。

 

 

年金基礎番号は、年金機構からのハガキがあり、それを見ればいいので、今回一応持って来ていたのが役に立ちました。

 

 

 

整理番号をもらい、1時間ほど待って順番が来ました。

 

年金手帳が見つからない旨を先に告げて、説明を受けながら、申請用紙に必要事項を記入しました。

 

 

さすが、ベテランの方のようで、手続きはスムーズに運んでゆきました。

 

委任状を持って行ったので、母がいなくても代理人ということで、自分の写真付き証明書(免許証など)があれば手続きできるので、問題なく処理が行われました。

 

 

遺族年金は、父親の年金額の3/4がもらえるということで、計算では月に約20万円程、もらえることがわかりました。これはかなりの額になりますね。

 

贅沢しなければ、充分暮らしていける額です。頑張って働いてくれた父には、本当に感謝です。

 

 

手続きをして、年金機構での処理が終わるまでに2ヶ月ほどかかり、それからまた50日ほど、銀行に入金されるまで時間がかかるようです。

 

 

ともかく、年金手帳がないことで、手続きをするのをためらっていたのが、本当に今思えばなんと間抜けなことをしていたのだろうと思います。

 

 

何事も出たとこ勝負で、大抵のことは道が開けるのだということを身を持って体験しました。(ある程度の準備が必要なのはいうまでも無いことですが)

 

一つ肩から重い荷を降ろすことができたので、今はホッとしています。

 

 

さて、次は四十九日法要です。これはしっかりやらないと。

 

 

今日のつぶやきはここまでです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村