統失でもできるかな?

統合失調症とつきあいながらゆるりと暮らす日常日記。

驚異の七十歳!いつまでもエネルギッシュな小田和正のライブに行ってきました(ネタバレあり)!

f:id:dassankun0208:20180704070437j:plain

 

こんにちは、だっさんです。

昨日は、タツローさんに引き続き、小田さんのライブに横浜アリーナまで観に行きました。

 

一万人の超満員の観客で埋め尽くされた横浜アリーナ

今回のステージングは、楕円形のアリーナの形状を、横長に使い、ほぼ360度の観客席で取り囲むスタイルにしていました。

 

それでも3階のスタンドてっぺんまで満員の、立ち見席まで出る、大盛況の入りとなりました。

 

いつまでも透明感のあるハイトーンボイスに魅了される

ドラマ「ブラック・ペアン」の主題歌や、フジTVのめざましテレビのテーマなど、新譜のシングルからのナンバーはもちろんのこと、オフコースからの懐かしい曲や、定番の「言葉にできない」など、その声の魅力全開の聞かせるライブとなりました。

 

もちろん、あの超有名曲「ラブ・ストーリーは突然に」や「キラキラ」などライブを盛り上げてくれるナンバーも織り交ぜて、まさに今回のコンサートタイトルの「ENCORE!!」にふさわしい、盛りだくさんの内容でした。

 

全力疾走とまではいかないが花道を縦横無尽に歩き回って少しでも観客の近くへいく

2000年の八景島カウントダウンライブ以来、小田さんのライブではジャニーズよろしく、花道が作られています。

センター席のなかをぐるっと回る花道を、小田さんは歩いて回ります。

流石に以前のように、全力疾走するとまではいかないようですが、それでも時折タターっと小走りに駆け抜けて行き、とても七十歳とは思えない体力には驚かされます。

 

しかも、「ラブ突」の時には観客席まで降りて行き、お客さんにマイクを向けて一緒に歌わせるサービスも、もう定番になっています。

 

こんなことは、オフコース時代の孤高の人と言ったイメージからは想像できないし、ソロになって180度変わってライブを楽しんでいる小田さんの姿があります。

 

圧巻の3時間ライブ!ツアーはまだまだ10月まで続く!

f:id:dassankun0208:20180704073406j:plain

ダブル・アンコールを含めて、約3時間の怒涛のライブは、バンドメンバーのア・カペラコーラスで幕を閉じました。

 

5月の熊本から始まったライブは、10月31日のここ、横浜アリーナでフィナーレを迎えます。

 

(追伸:この前の大阪地震の影響で、6月に行う予定だった大阪城ホール公演の延期が決まり、来年の1月に振替公演を行うようです)

 

ともあれ、小田さんはじめ、メンバースタッフの皆さんには元気でファイナルを迎えてほしいものです。

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村